個人でFX(外為証拠金取引)ができるのはレバレッジがあるから

FXでは時々FXで運用している人の脱税などがニュースになるくらい、儲ける人は何億円もの利益を出している方もごろごろいます。
ではなぜ、こんなに利益を産むことが出来るのでしょうか?

FX(外為証拠金取引)とはFX会社に証拠金を預けることでそれを担保に何十倍もの外国為替の取引ができます。
これをレバレッジといいます。
日本のFX会社025倍
(1万円を預ければ25万円分)
ですがなんと海外のFX口座を開設すれば888倍というケースもあります。

証拠金を利用しない場合
当初100万円でドルを購入し
1か月後
105万円でドルを売れば
差し引き5万円もの利益です。

ただ証拠金取引では100万円もお金を用意する必要はありません。
レバレッジが高い海外口座なら数万円の証拠金で100万円の現金と同じ取引ができるのです。

もちろん個人でFXをされている方で資産を一気に無くす方も少なくありません。
※ほとんどの方がそうでしょう。
しかし、トレンドを見極めることが出来たのなら一気に資産を数十倍~数百倍にすることもできるのがFXの証拠金取引です。
つい最近の
アベノミクス相場
トランプ相場
こんなビッグトレンドに乗っかって莫大な資産を築かれた個人の方もたkぅさんいます。
ただ、そんなかたも最近はチラホラ強制退場の方も出てきましたが・・・

証拠金取引は差金決済の担保であって、その機能は信用取引の委託保証金と同じです。
当初の目論見が的中し
1ドル100円のドルを100万円で1万ドル購入し、次に1ドル105円で1万ドルを売れば5万円の儲けですが
レバレッジを効かせて1万円の証拠金なら5万円となりいきなり5倍です。

もっとも世の中そんなに甘くはなく儲けがでかい分損も大きいのがレバレッジを効かせたFX取引です。
自分の目論見と逆に動いてしまった場合は強制ロスカットされてしまうこともあります。
また薄商いの知己にプロのFX運用者が個人相手の刈り取りをすることもあります。
FX会社などは顧客の損切りラインも把握しておりそれが漏れているのかもしれません。
確か、一昨年の正月に私は刈り取られました。
一瞬で乱高下し強制ロスカットになりました。
レバレッジを効かせすぎるとそんな悲劇もあります。
相場の方向性は正しいのに資産を減らしてしまうこともある
それがFX相場の世界です。
介護 パジャマ おしゃれ 可愛い
■スワップポイント
FXの魅力にスワップポイントもあります。
これは海外(特に新興国)の高金利を利用して稼ぐ手法です。
新興国では今の超低金利の日本と違い高金利です。
その金利差を利用することも可能です。
ただしそれ以上に為替自体が変動するので私はおすすめしませんが・・・

銀行口座は目的別に3つ持つ理由

多くの方が複数の銀行口座を持っていますが、そのほとんどは休眠口座で使っていないのでは二でしょうか?
一度それらの銀行口座を整理して、目的別に分類して活用することをお勧めしまうす。

その目的別とは
・給与振り込み用口座
・支払用口座
・貯蓄用口座
です、
一番のポイントは【給与振り込み用口座と支払い口座を分けること」です。

お金をうまく増やす方はこの目的別3つの口座を作ってお金の流れを作っています。

■給料日にまず「その日のうちに給与振り込み用口座から決められた金額を各目的別口座に振り分ける」

毎月も給与振り込みがあったら、その日のうちに目的別銀行口座に予め決めておいた金額を振り分ける。
ただそれだけでお金の流れが簡単にわかりやすくなります。
これは自動的にお金が貯まる仕組みを作るうえでとても重要なことです。

お金の流れはよく川の流れにもたとえられています。
上流から流れてくる水の量がたとえ多くても、そのまま下流に流れていくだけでは川の水はいっこうに溜まりません。
たとえ大きな川であっても同じことです。
しかし、たとえ川の流れが少なくても上流から流れて来るm、伊豆の量よりも下流に流れていく水の量が少なければ徐々に川の水は溜まってくるのです。
反対に、上流から流れてくる水が少なく」、下流に流れていく水の量が増えていくといずれ川の水は干上がってしまいます。

お金も同じです。
入ってきた収入の一部をすぐに
「貯蓄用」として獲っておくことが大事なのです。
そのために口座を目的別に分けて管理することが大事なのです。

■給与天引きによる財形積み立てでもいい
いちいち給与振り込み用口座から面倒くさい?
そんな方は給与天引きの財形積み立てなどを活用するのもいいでしょう。

・収入の10%以上を貯蓄に
30万円位の収入がある人は月に3万円以上を貯蓄に回すことを決意しましょう。
でも、最初から10%以上に設定してあまりに張り切りすぎると長続きしません。
ですからまずは収入の10%程度から始めることをおすすめします。

・家賃や車などの固定費は収入の40%以下に
家賃や自動車ローンなど固定費は収入の40%以下にするよう心がけましょう。
収入の40%を支払い用口座に移し、それ以内に収まるようにしなければなりません。
30万円の収入であれば12万円以内の収まるような生活スタイルを目指しましょう。
固定費は比較的変動の少ないものです。
これは言い換えれば節約できる余地も少ないということでもあります。
最初の段階で40%以内に収まるようにすることが大事なのです。
一度あげたせい買うtレベルはなかなか下げることはできません。
このことはくれぐれも肝に銘じてください。
ポケットワーク 体験 給料 いくら