月別アーカイブ: 2020年9月

銀行口座は目的別に3つ持つ理由

多くの方が複数の銀行口座を持っていますが、そのほとんどは休眠口座で使っていないのでは二でしょうか?
一度それらの銀行口座を整理して、目的別に分類して活用することをお勧めしまうす。

その目的別とは
・給与振り込み用口座
・支払用口座
・貯蓄用口座
です、
一番のポイントは【給与振り込み用口座と支払い口座を分けること」です。

お金をうまく増やす方はこの目的別3つの口座を作ってお金の流れを作っています。

■給料日にまず「その日のうちに給与振り込み用口座から決められた金額を各目的別口座に振り分ける」

毎月も給与振り込みがあったら、その日のうちに目的別銀行口座に予め決めておいた金額を振り分ける。
ただそれだけでお金の流れが簡単にわかりやすくなります。
これは自動的にお金が貯まる仕組みを作るうえでとても重要なことです。

お金の流れはよく川の流れにもたとえられています。
上流から流れてくる水の量がたとえ多くても、そのまま下流に流れていくだけでは川の水はいっこうに溜まりません。
たとえ大きな川であっても同じことです。
しかし、たとえ川の流れが少なくても上流から流れて来るm、伊豆の量よりも下流に流れていく水の量が少なければ徐々に川の水は溜まってくるのです。
反対に、上流から流れてくる水が少なく」、下流に流れていく水の量が増えていくといずれ川の水は干上がってしまいます。

お金も同じです。
入ってきた収入の一部をすぐに
「貯蓄用」として獲っておくことが大事なのです。
そのために口座を目的別に分けて管理することが大事なのです。

■給与天引きによる財形積み立てでもいい
いちいち給与振り込み用口座から面倒くさい?
そんな方は給与天引きの財形積み立てなどを活用するのもいいでしょう。

・収入の10%以上を貯蓄に
30万円位の収入がある人は月に3万円以上を貯蓄に回すことを決意しましょう。
でも、最初から10%以上に設定してあまりに張り切りすぎると長続きしません。
ですからまずは収入の10%程度から始めることをおすすめします。

・家賃や車などの固定費は収入の40%以下に
家賃や自動車ローンなど固定費は収入の40%以下にするよう心がけましょう。
収入の40%を支払い用口座に移し、それ以内に収まるようにしなければなりません。
30万円の収入であれば12万円以内の収まるような生活スタイルを目指しましょう。
固定費は比較的変動の少ないものです。
これは言い換えれば節約できる余地も少ないということでもあります。
最初の段階で40%以内に収まるようにすることが大事なのです。
一度あげたせい買うtレベルはなかなか下げることはできません。
このことはくれぐれも肝に銘じてください。
ポケットワーク 体験 給料 いくら