ファンドってよく聞くけどファンドってなに?

ファンドってよく聞きますよね。
でもふぁうんどの意味を知っている人って少ないかもしれません。
ファンドって要するに「他人のお金を集めて運用すること」の総称です。
たとえば「投資信託」ではないファンドとは「特殊な投資信託」ともいえるのです。

■プライベート・エクイティ・ファンド
コノプライベート・エクイティ・ファンドとはプライベート・エクイティに投資するファンドです。
※そのままですが・・・
言葉通り「プライベート」とは反対語として「パブリック(公開)」ともいえます。
つまり上場会社以外の会社に投資するという意味合いです。
エクイティとは「株式」ととらえていただいてもかまいません。
つまり「プライベート・エクイティ・ファンド」とは「非上場会社の株式に投資するファンド」のことです。

このぷらーべーと・エクイティ・ファンドの手法はズバリ、ハイリスク・ハイリターンです。
非上場会社と言ってm、おこの場合は上場を目指します。
ファンドとは他人から集めたお金をウンいうして利益を上げることです。
もちろん株主として配当は得ることもできますが、最終的には上場させた株式の売却で大きな利益を得津ためのものです。

これと似ていて日なのが「アクティビティ・ファンド」というものもあります。
これは「上場会社の株式を買う」という手法です。
いわゆる「企業の買収」とも言いかえることができるかもしれません、

ただし、プライベート・エクイティ・ファンドでも上場会社に投資する場合もあります。
上場会社の株式を買い占めたら経営権を完全に掌握することができ、じっくりと経営に参加することが出来ます。
経営に参加することでさらに業績を伸ばせる見込みがある場合はプライベート・エクイティ・ファンドでも上場会社に投資することもあり、このポウライベート・エクイティ・ファンドとアクティビティ
・ファンドの区別はなかなか難しいグレーラインでもあります。
アクティビティ・ファンドは、何割かの株式を取得したうえで株価を釣り上げて大幅な配当を払わせたりと中長期目線でその投資先企業を見ることはありません。
プライベート・エクイティ・ファンドでは数年程度はかけて企業価値を高めていくことに重きを置いています。
またプライベート・エクイティ・ファンドではその会社の経営陣の賛同も得ていることが多いのも特徴です。
このあたりが大きな違いかもしれません。
しかし、外部からではこの区別はとてもむずかしいのも現実です・
田舎 空き家 火災保険

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です