J-REITってなんですか?

J-REIT(ジェイ・リート)というのは法律的には「不動産を問うs次対象とする投資法人」です、
投資法人とはいわゆる「会社型投資信託」を日本に導入する際に就くr田れた会社の形態のことをいいます。
つまりJ-RETにとうしするということは「不動産に投資している会社の株式を購入する」と同じことになります。

株式会社でいう「株式」に該当するものをJ-REITでは「投資口」と呼びます。
ですいから「株券」はなく「投資証券」になります。
このJ-RETの「投資証券」が取引所に上場されて、投資家は株式と同様に証券会社を通じて注文を出し売買されるのです。
でうので計約7型投信ではないので解約による換金化はできません。
このあたりはしっかりと理解しておきましょう。

J-RETの資産運用はJ-REIT」自身が行うものではなく「資産運用会社」が請け負って行います。
いわば不動産のプロが運用するのです。
このあたりが少しややこしいですね。

■ J-RETに投資するメリットはレバレッジ?

J-REITはいわゆる法人なので資金を集めるだけでなく、さらにそれ以外にもお金を借りて資産運用額を何倍にも出来ることです。
いわゆるレバレッジが高い
といも表現されます。
契約型投資信託では、投資家から集めたおい金だけで投資するのが原則です。投資家から1000億円を集めたのならその1000億円で死s難運用します。
しかし、このJ-REITは会社型の投資信託なのでさらに銀行などから融資を受けることが出来るのです。
ですからその投信用金額は何倍にもできるのです。
さらに不動産なら担保評価も見込めますからね。
1000億円を「投資証券」で集め、さらに1000億円どころか何千億円をも調達してうにょいうするのです。

ではどうしてこんなことをするのか?
それはレバレッジ効果が高ければ高いほど利益は大きくなります。
運用利回り3%と仮に設定すると
1000億円では30億円の利益です。
しかし、さらに借り入れをして
3000億円なら90億円です。
もちろん借入金額の金利が発生しますからその分は利益が減ります。
しかし、今は未曽有の超低金利時代です。
ですので3%の金利というのはかなりの高金利です。
通常は1%程度が多いかもしれません。
ですからその差額が選りきに積み増しされます・

ただし、レバレッジはもろ刃の剣でもあります。
利益が増える分、それだけリスクも高くなるのです。
このあたりも十分加味してJ-REITへの投資は考えなければなりません。

実家 片付け コツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です