結局お金を借りる人使う人は誰?マクロ経済的に考えると

国の経済
世界の経済
それらを語る上ではどうしても、ある程度の規模の塊で考える必要があります。
空量をもらって清潔している人間全体
税金を受け取っている政府などの組織の全体

構成要素を圧程度大きな視点で分類して、国や世界経済にドン案風に影響を与えているか?
それが幕と歴経済の味方です。

■企業の定義
企業とは私たち人間と違って、自然に生まれてくるものではありません。
企業があるということは、その企業にお金を出している誰かがいます。
その意味で企業とはそもそもその成り立ちからして他人のお金で生まれたものなのです。

井尾ぽっぱん的に企業者「マクロ経済的視点」からみると預金の額よりも借金の額のほうが多いことになるのです。
企業は日本全体からすれば、お金を他人から受け取る側
他人から見ればお金を預ける側
ということになります。

■国の財政を税金で賄えるのなら苦労はしない

政府はいつも赤字です。
政府がやりくりする財政
単純に考えて警察や市役所の方々、道路工事をしている方々
政府はその方々に給料や支出を市う無ければなりあm線。
本来であれば政府は税金だけで采井されるのが理想です。
ところがこの理想がとてもむずあkしいのです。
つまり政府は税収だけでは賄えないほどの支出をいつもしています。
この足りない部分を誰かから借りてくる必要があります。
これを国民から借金することになります。

■政府も企業も他人からお金を借りることで成り立っている
マクロ経済的にお金の流れを見てみると。企業というのは常に「他人のお金」があって初めて成立します。
また政府も「ぇいきん」というおkじゃねを集めるのが】当然の権利でありますが、それだけでは足りない場合はやはり誰かからお金を借りていることになります。

つまりお金を融通し合っている人たちというのは、企業であり、政府であるというわけです。
ではいったいそのお金はどこからでているのでしょう。
それは私たちなのです。
銀行や保険会社を通じて私たちは政府や企業にお金を貸していることになるのです。
そう考えれば銀行や保険会社の利息もより理解が簡単になります。

政府や企業が高い金利で借りなければ私たちの銀行や保険会社も利息や利回りも高くはなりません。
より借りやすくするために金利を下げれば、私たちの銀行や保険会社の利息や利回りも低くなります。
景気が良くなって企業や政府も高い金利を払えるようになれば私たちの私たちの銀行や保険会社の利息や利回りも高くなるわけです。
モンクレール クリーニング 失敗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です