月別アーカイブ: 2021年7月

結局お金を借りる人使う人は誰?マクロ経済的に考えると

国の経済
世界の経済
それらを語る上ではどうしても、ある程度の規模の塊で考える必要があります。
空量をもらって清潔している人間全体
税金を受け取っている政府などの組織の全体

構成要素を圧程度大きな視点で分類して、国や世界経済にドン案風に影響を与えているか?
それが幕と歴経済の味方です。

■企業の定義
企業とは私たち人間と違って、自然に生まれてくるものではありません。
企業があるということは、その企業にお金を出している誰かがいます。
その意味で企業とはそもそもその成り立ちからして他人のお金で生まれたものなのです。

井尾ぽっぱん的に企業者「マクロ経済的視点」からみると預金の額よりも借金の額のほうが多いことになるのです。
企業は日本全体からすれば、お金を他人から受け取る側
他人から見ればお金を預ける側
ということになります。

■国の財政を税金で賄えるのなら苦労はしない

政府はいつも赤字です。
政府がやりくりする財政
単純に考えて警察や市役所の方々、道路工事をしている方々
政府はその方々に給料や支出を市う無ければなりあm線。
本来であれば政府は税金だけで采井されるのが理想です。
ところがこの理想がとてもむずあkしいのです。
つまり政府は税収だけでは賄えないほどの支出をいつもしています。
この足りない部分を誰かから借りてくる必要があります。
これを国民から借金することになります。

■政府も企業も他人からお金を借りることで成り立っている
マクロ経済的にお金の流れを見てみると。企業というのは常に「他人のお金」があって初めて成立します。
また政府も「ぇいきん」というおkじゃねを集めるのが】当然の権利でありますが、それだけでは足りない場合はやはり誰かからお金を借りていることになります。

つまりお金を融通し合っている人たちというのは、企業であり、政府であるというわけです。
ではいったいそのお金はどこからでているのでしょう。
それは私たちなのです。
銀行や保険会社を通じて私たちは政府や企業にお金を貸していることになるのです。
そう考えれば銀行や保険会社の利息もより理解が簡単になります。

政府や企業が高い金利で借りなければ私たちの銀行や保険会社も利息や利回りも高くはなりません。
より借りやすくするために金利を下げれば、私たちの銀行や保険会社の利息や利回りも低くなります。
景気が良くなって企業や政府も高い金利を払えるようになれば私たちの私たちの銀行や保険会社の利息や利回りも高くなるわけです。
クリアネオ

金利とは現金のレンタル料金として考えたら理解しやすいかも?

【金利】=【現金のレンタル料】
総んな視点から考える樋理解しやすいかもしれません。
意外と金利って理解に苦しむものなんです。

金利がややこしいのはいろいろな呼び名があるからかもしれません。
「利息」
「利子」
「利率」
どれも金利のことですよね。

金利はシンプルに考えましょう。
「自分に無いものを他人から借りる」
それを返す時に「お礼」を付けて返す。
ただそれだけなんです。
お金で考える~難しくなります。
レンタカーを借りるのにはレンタカー代
車を借りて荷物を運ぶ
デートや旅行に使う
※これを事業として考えれるのはいかがでしょうか。
重たい荷物を運べて助かった
デートや旅行で楽しかった
※これが儲けです。
その対価がレンタカー代です。
※つまり金利です。

お金を持ていない人はお金を持っている人から借りる。
そのお金を借りるのは、お金を活用することで満足が得られるからです。

問題はその高さかもしれません。
レンタカー会社も無免許の方には車を貸しません。
あるいはゴールド免許の方なら割引料金にするかもしれません。
すまりリスクを考えてのレンタカー料金なんです。
もちろん目的別でも変わります。
つまり、リスクを考えてレンタカー料金が決まるように、金利もリスクで高くなったり安くなったりするのです。

例えば住宅ローンを考えてみましょう。
住宅ローンは空前の超低金利です。
さらに一流企業にお勤めだったりすればさらにそこから優遇金利が受けられます。
1%を着る金利でも銀行はバンバン貸してくれます。
それはリスクが低いからです。
自分の大切な家族を雨や風から守らなければなりません。
そのためにはご主人は自分の小遣いがゼロになってでも毎月の支払初津kジェルでしょう。
また最悪の事態に備えてはその住宅を担保に取っています。
ですから、金利は安くてもとりっぱぐれがない尾です。

しかし、闇金はどうでしょう。
あきらかにリスクは高いです。
また貸す金額もそんなに大きな金額は貸しません。
しかも金利はべらぼうに高いです。
いくら高い金利でも回収できないことがあれば大きな損失です。

金利=リスク
とも考えられるのです。

よくお金を借りたいと考えて時に、高い金利を嘆く人がいます。
でもそれはちょっとお門違いです。
お金を貸したい人は、とりっぱぐれのない人にはぜがひでも借りて欲しいのです。
高い金利や貸し渋りはあなたにそれだけのリスクがあるという意味なんです。
あなたに信用という財産をもっているかどうか?なんですね。

オリーブスマートイヤー 評判